歌川国芳「国芳もやう正札附現金男 野晒悟助」アダチ版復刻浮世絵

国芳もやう正札附現金男 野晒悟助

山東京伝の読本に登場するヒーロー、野晒悟助を描いた「武者絵の国芳」の傑作。刀に手を掛け睨みを利かせた姿は、今にも動き出しそうな力強い躍動感に満ちています。野晒(野に放置されたしゃれこうべ)模様の着物を身につけていたとされる野晒悟助、本図ではドクロ模様が猫で出来た国芳オリジナルのデザインとなっています。

↙️作品をもっと楽しむミニコラム掲載中

歌川国芳は、幕末に活躍した浮世絵師です。そのユニークな画風から、「奇想の絵師」などと呼ばれ、近年再評価の気運が高まり、広い世代の人気を集めています。幼少の頃より画才に優れた国芳は、15歳で歌川豊国の門下となりました。二十代の内は目立った活動はありませんでしたが、30歳を過ぎ、水滸伝の英雄に取材した一連の作品で脚光を浴びました。当時の浮世絵師の番付には、名所絵の広重に対し、武者絵の国芳として名前が掲げられています。また、筋骨隆々の武者絵を描く一方で、自身の大好きな猫をはじめ、魚や狸などを擬人化したコミカルで愛らしい戯画も多く描きました。反骨と風刺の精神に富んだ作品群は、当時の人々の圧倒的支持を得、多くの門人が集まり、浮世絵師の最大派閥を形成。その系譜は昭和の日本画家まで連なっています。

価格

セール価格¥18,000

(¥19,800税込

仕様(額・マット)について

A: 版画のみ(台紙付)

お選びいただいた作品を台紙に貼った状態でお届けいたします。台紙は自家用とギフト用の二種類をご用意しております。

Print for yourself Print for gift
【自家用の台紙】
アダチ特製浮世絵専用額に入れることのできる台紙です。(大判サイズの作品の場合、台紙サイズは 380 × 532 mm)
【ギフト用の台紙】
厚紙に、作品を保護するためのカバーが付いた台紙です。(大判サイズの作品の場合、台紙サイズは 330 × 485 mm)

 

B: 額付

【浮世絵復刻版の場合】お選びいただいた作品をアダチ特製浮世絵専用額(大判:400 × 555 mm)に入れた状態でお届けいたします。
【現代UKIYOEの場合】お選びいただいた作品を弊社セレクトの額に入れた状態でお届けいたします。

   

 

C: 版画+額装用マット

お選びいただいた作品とアダチ特製浮世絵専用額用のマットを組み合わせた状態でお届けします。
既にアダチ特製浮世絵専用額をお持ちの方にお選びいただく商品です。

Print with mat
マットを入れることで、絵がより引き立ちます。また、作品がアクリル板に直接触れることを防げます。

 
 

仕様(額・マット)について

A: 版画のみ(台紙付)

お選びいただいた作品を台紙に貼った状態でお届けいたします。台紙は自家用とギフト用の二種類をご用意しております。

Print for yourself Print for gift
【自家用の台紙】
アダチ特製浮世絵専用額に入れることのできる台紙です。(大判サイズの作品の場合、台紙サイズは 380 × 532 mm)
【ギフト用の台紙】
厚紙に、作品を保護するためのカバーが付いた台紙です。(大判サイズの作品の場合、台紙サイズは 330 × 485 mm)

 

B: 額付

【浮世絵復刻版の場合】お選びいただいた作品をアダチ特製浮世絵専用額(大判:400 × 555 mm)に入れた状態でお届けいたします。
【現代UKIYOEの場合】お選びいただいた作品を弊社セレクトの額に入れた状態でお届けいたします。

   

 

C: 版画+額装用マット

お選びいただいた作品とアダチ特製浮世絵専用額用のマットを組み合わせた状態でお届けします。
既にアダチ特製浮世絵専用額をお持ちの方にお選びいただく商品です。

Print with mat
マットを入れることで、絵がより引き立ちます。また、作品がアクリル板に直接触れることを防げます。

 
 

数量:
サイズ/重量画寸法:37.2 × 25.5 cm
素材用紙:越前生漉奉書
特徴版種:木版画
備考

作品解説(日英併記)付き

◆ミニコラム①:まるでだまし絵!こだわり抜いた国芳のデザイン

野晒悟助は、強きを挫き弱きを助ける任侠の徒で、「人の災いを省くこと髑髏の目の中の草を抜くが如くすべし」という意味で野晒(野に放置されたしゃれこうべ)模様の着物を身に付けていたとされています。

本図に描かれた野晒悟助のトレードマークであるドクロ模様の着物をよく見ると、猫が集まってドクロの形を作っています。題名に「国芳もやう(模様)」とある通り、本図は国芳オリジナルの着物のデザインが見どころのひとつ。猫好きの国芳らしい遊び心です。

また藍色の袈裟にも、蓮の花と葉を組み合わせたドクロ柄に、ススキの模様を合わせて野晒を表現しています。さらに下駄の鼻緒はドクロの目にススキを通したようなデザインで「髑髏の目の中の草を抜くが如く」という悟助のイメージに合わせているのがわかります。
まるでだまし絵のようなデザインの面白さと画題のイメージに合わせた凝ったモチーフの選び方に、国芳の拘りとユーモアが感じられます。

◆ミニコラム②:絵師のこだわりに応える現代の職人の技!

彫師が本図の復刻にあたりこだわったのは、何といってもやっぱり髪の生え際。国芳の人物画では髪だけでなく目元にもまつ毛が細かく描き込んであるため、アダチ版画の彫師はこの部分により集中し、気を遣って彫を進めました。かつては専門の職人がいたほど難しい、髪の生え際や目元のまつ毛の細かな毛彫りにぜひご注目ください。

摺師は、絵の各部分に最も適した摺り方ができるようこだわりました。野晒悟助の輪郭線は、髪の毛は細い線で繊細に表現している反面、目元や、着物など体の辺りは勢いのある太い線で人物の力強い動きを表現しています。そのため、細い線は潰れないよう丁寧に、太い線は力を入れてしっかりと、場所によって力の加減を調整しながら彫師の彫った線を最大限生かすように摺り上げます。





アダチ版画の想い

私たちアダチ版画研究所は、伝統的な木版技術の基本を守りながら、
時代にあった魅力ある作品を創造してまいります。

こだわりの品質・素材

アダチ版画研究所では、木版本来の美しさを最大限に引き出すために、厳選した素材と道具を使用しています。

伝統の技術・職人

商業印刷として発展した浮世絵の制作は、効率や採算性が重視されたことから、すべての工程において無駄がなく洗練されています。浮世絵の技術の基本をご紹介します。