Hedwig's World
Hedwig's World
Hedwig's World
Hedwig's World
Hedwig's World

Hedwig's World

シャープな線からなる独特のタッチで描かれているのは、夜空に白い翼を広げた「ハリーポッター」シリーズに登場するシロフクロウ、ヘドウィグ。背景にはホグワーツ魔法魔術学校や箒に乗った魔法使いといった、ハリーポッターの世界を象徴するモチーフがちりばめられ、まるで物語の世界に迷い込んだかのようです。

1955年、アメリカ生まれ。イギリス在住。イエール大学卒業後、オックスフォード大学とハーバード大学で法を学び、その後、デザイナーの友人の依頼で描いた作品が大きな反響を呼んだことがきっかけとなり、弁護士から画家へ転身。1999年、日本語版「ハリー・ポッターと賢者の石」の表紙絵と扉絵を担当し人気を集めています。

価格

セール価格¥60,000

(¥66,000税込

額について(Homage to UKIYOE)

額について

サイズ:55.0 × 42.8 cm
重量:約1.8kg
素材:アルミ製、アクリル(UVカット70%)

 

額について(Homage to UKIYOE)

額について

サイズ:55.0 × 42.8 cm
重量:約1.8kg
素材:アルミ製、アクリル(UVカット70%)

 
数量:
サイズ/重量画寸法:25.5 × 37.2 cm
素材用紙:越前生漉奉書
特徴版種:木版画

世界を代表するトップクリエーター6人が浮世絵の絵師となり、アダチ版画研究所の彫師・摺師とともに現代の浮世絵を創造するプロジェクト「Homage to UKIYOE」は、「TOKYO DESIGN WEEK」の企画として実現し、2015年4月にミラノサローネで発表され、大好評を得ました。『ハリーポッター』日本語版の表紙絵で有名なダン・シュレシンジャーをはじめ、プラダのデザインも手がけるジェームス・ジーンなどが参加。クリエーターがそれぞれの解釈で表現した現代の浮世絵は、2015年4月のミラノサローネで発表され、好評を博しました。

アダチ版画の想い

私たちアダチ版画研究所は、伝統的な木版技術の基本を守りながら、
時代にあった魅力ある作品を創造してまいります。

こだわりの品質・素材

アダチ版画研究所では、木版本来の美しさを最大限に引き出すために、厳選した素材と道具を使用しています。

伝統の技術・職人

商業印刷として発展した浮世絵の制作は、効率や採算性が重視されたことから、すべての工程において無駄がなく洗練されています。浮世絵の技術の基本をご紹介します。