Flagland
Flagland
Flagland
Flagland
Flagland
Flagland
Flagland

Flagland

ヘリット氏の作品は、常に抽象的な視覚要素と「文字」の接点を探求しています。そして、その両者の相互作用を利用してリズムを生み出し、特定の作品の中で協調させたり、対比させたりしています。彼女の作品では、常に文字が主人公であり、それらの文字がさまざまな背景の形や色によってカモフラージュされたり断片化されたりしながら、表現されています。また、物語を構成する断片を視覚的に中断することで、文字をさらに細分化し、見る行為と読む行為の間に緊張感を生み出しています。

リンダ・ヘリット氏の作品は、テキサス州マーファのRULEギャラリーなど数多くの主要なギャラリーや美術館に展示され、オンライン・アート・マガジンの「Art F City」や「Arte Fuse」の記事に特集されました。2017年、ブルックリン・アーティスト基金助成金を受給。彼女のインスタレーションやドローイングの個展または二人展は、ブルックリンのスマック・メロンおよびザ・ボイラー(ピエロギ) 、クイーンズのバレンタイン・ギャラリー、ニューヨークのピーター・フィンゲステン・ギャラリー、アムステルダムの1K プロジェクト・スペース、ブルックリンのピエロギ、カリフォルニア州のサンフランシスコ・アート・インスティチュート、ニューヨークのフローレンス・リンチ・ギャラリー、テネシー州ナッシュビルのフリスト美術館、メキシコシティのART&IDEAギャラリーなど各地で開催されています。

価格

セール価格¥100,000

(¥110,000税込

額について(現代UKIYOE・白木額)

額について

サイズ:40.0 × 55.0 cm
重量:約1.8kg
素材:木、アクリル(UVカット70%)

 

額について(現代UKIYOE・白木額)

額について

サイズ:40.0 × 55.0 cm
重量:約1.8kg
素材:木、アクリル(UVカット70%)

 
数量:
サイズ/重量画寸法:37.5×26.0 cm
素材用紙:越前生漉奉書(人間国宝岩野市兵衛)
特徴版種:木版画
備考部数:80部/出版年:2022年
監修:公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団
制作:株式会社アダチ版画研究所

【作家SNS】

アダチ版画の想い

私たちアダチ版画研究所は、伝統的な木版技術の基本を守りながら、
時代にあった魅力ある作品を創造してまいります。

こだわりの品質・素材

アダチ版画研究所では、木版本来の美しさを最大限に引き出すために、厳選した素材と道具を使用しています。

伝統の技術・職人

商業印刷として発展した浮世絵の制作は、効率や採算性が重視されたことから、すべての工程において無駄がなく洗練されています。浮世絵の技術の基本をご紹介します。

同じ絵師の作品