Construction Grade
Construction Grade
Construction Grade
Construction Grade
Construction Grade
Construction Grade
Construction Grade

Construction Grade

アリソン・エリザベス・テイラー氏は、薄い木の板を張合わせて模様や絵を作り出す象嵌細工の「マーケトリー」と言う手法とペインティングを組み合わせるというユニークな方法で作品を制作するアーティスト。昨今よく見られる工芸から現代アートへの拡張の代表的な作家と言え、高度な仕上がりの作品群は、アメリカ国内外から高い評価を得ています。
作品「Construction Grade」では、穴の開いた板壁にある木目を、版木に現れる木目を生かして摺り上げるという方法で表現しました。

ニューヨークを拠点として活動するアリソン・エリザベス・テイラー氏は、ルネッサンス様式の「マーケトリー」と呼ばれる象嵌細工の手法とペインティングやコラージュを組み合わせて現代の主題を表現したハイブリッド作品で知られる作家です。2022年には、アウトウィン・ブーチェバー・ポートレート賞を受賞し、その受賞作品は、2022年4月からナショナル・ポートレート・ギャラリーで開催された大規模な展覧会「アウトウィン2022:今日のアメリカン・ポートレート」において展示されました。テイラー氏の展覧会は、『ニューヨーク・タイムズ』紙、『ニューヨーカー』誌、『ヴィレッジ・ヴォイス』誌で取り上げられるなど、そのユニークな作風は注目を集めています。

価格

セール価格¥130,000

(¥143,000税込

額について(現代UKIYOE・白木額)

額について

サイズ:40.0 × 55.0 cm
重量:約1.8kg
素材:木、アクリル(UVカット70%)

 

額について(現代UKIYOE・白木額)

額について

サイズ:40.0 × 55.0 cm
重量:約1.8kg
素材:木、アクリル(UVカット70%)

 
数量:
サイズ/重量画寸法:34.8 × 26.0 cm
素材用紙:越前生漉奉書(人間国宝岩野市兵衛)
特徴版種:木版画
備考部数:80部/出版年:2021年
監修:公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団
制作:株式会社アダチ版画研究所

【作家SNS】

アダチ版画の想い

私たちアダチ版画研究所は、伝統的な木版技術の基本を守りながら、
時代にあった魅力ある作品を創造してまいります。

こだわりの品質・素材

アダチ版画研究所では、木版本来の美しさを最大限に引き出すために、厳選した素材と道具を使用しています。

伝統の技術・職人

商業印刷として発展した浮世絵の制作は、効率や採算性が重視されたことから、すべての工程において無駄がなく洗練されています。浮世絵の技術の基本をご紹介します。